東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

注目ニュース

 2017/6/1

システム情報学専攻 猿渡 洋教授・柏野邦夫客員教授が、
平成28年度電子情報通信学会業績賞を受賞しました。

猿渡洋教授の今回受賞対象となった研究業績は、『音響信号のブラインド音源分離に関する先駆的研究』です。本業績では以下が高く評価されました。

(1)独立成分分析と空間音響学の関連を世界で初めて解明し、音響信号処理分野に教師無し最適化理論を持ち込みました。
(2)高次統計量を追跡する観点から独立成分分析の数理解析を行い、それをリアルタイム実装し、その性能向上を通じて世界最高性能を達成しました。
(3)更にこれを発展させ、高次統計量およびそれに関連するスパース表現に基づく新しい音響信号処理理論を確立し、当該分野の世界的な研究を先導しました。

また、柏野邦夫客員教授の今回受賞対象となった研究業績は、『音や映像の変化に対する高度な耐性を備えた高速メディア探索技術の研究』です。

関連URL:
電子情報通信学会 歴代業績賞受賞者一覧
詳細はこちらをご覧ください。(電子情報通信学会のページ)


大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学