東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

注目ニュース

 2010/01/27
五十嵐准教授が日本学術振興会賞(第6回)を受賞
初心者でも楽しく3次元CGを制作する先駆的研究で

 コンピュータ科学専攻の五十嵐健夫准教授は、第6回(平成21年度)日本学術振興会賞が贈られる。「3Dコンピュータグラフィックスのための直感的デザインインタフェースに関する先駆的研究」(Intuitive Design Interface for 3D Computer Graphics)が評価された。受賞式は3月1日、東京・上野公園の日本学士院で行われる。

 五十嵐准教授は、これまで専門家が時間をかけて制作していた3次元コンピュータグラフィックス(CG)を、初心者でも簡単に制作できるようにするデザインインタフェースの先駆的研究を行い、スケッチインタフェースという新しい分野を切り開いた。スケッチインタフェースは、手書きスケッチによって3次元モデルを生成する手法で、デザインしたい形状の輪郭を描くと、コンピュータが自動的にその立体形状を計算し、3次元形状を作成できる画期的な研究である。

 また、画面の絵を両手で掴むという発想から2次元アニメーションを生成する手法、3次元キャラクターと2次元的な服を対応づけることで、簡単にキャラクターの着せ替えを実現する手法など、一般ユーザーの立場から、3次元CGやアニメーションの制作を容易にするユーザーインタフェースの新しい姿を提案している。CGに留まらず、日常用品のデザイン分野のためのユーザーインタフェース、さらに家庭用ロボットのためのユーザーインタフェースなどへと幅広く展開している。さまざまな成果は実用化も始まっており、同研究のいっそうの発展が期待される。

 日本学術振興会賞は、優れた研究を進めている若手研究者を見いだし、早い段階から顕彰してその研究意欲を高め、独創的、先駆的な研究を支援することにより、わが国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的に平成16年度に創設された。

 受賞対象者は、人文・社会科学および自然科学の全分野において、45歳未満で博士または博士と同等以上の学術研究能力を有する研究者のうち、論文等の研究業績により学術上、特に優れた成果を挙げている研究者としている。受賞者には、賞状、賞牌と副賞として研究奨励金110万円が授与される。また、日本学士院の協力を得て、日本学術振興会賞受賞者のうち6名以内に日本学士院学術奨励賞が併せて授与される。

情報理工フォーカス 2006/10/30
五十嵐准教授のURL



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学