東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

ニュース

 2008/04/25
「IPv6 Forum」が東京大学の功績を表彰
「IPv6 Ready Logo Program」の貢献称え

Latif Ladid氏(右)と握手を交わす江崎教授(左)
Latif Ladid氏(右)と握手を交わす江崎教授(左)
 グローバルな規模で次世代インターネット基盤技術とされているIPv6(IP version 6)技術の普及と高度化を推進している業界団体、「IPv6 Forum」 (www.ipv6forum.com, President Latif Ladid氏)は、同フォーラムが推進する 『IPv6 Ready Logo Program』に関し、その設計、立ち上げ、高度化および実運用に果たした東京大学の貢献度が高いことを評価し、表彰した。IPv6 Ready Logo Programは、2002年10月に運用を開始し、すでに、合計で約500のIT機器の機能検証を行い、その適合性を示すロゴを授与している。米国NIST、日本JATEとの国内技術仕様・認証仕様との整合性を取る活動も展開している。

 本プログラムを推進する委員会(IPv6 Ready Logo Committee)の議長は、本活動の開始以来、江崎教授が務めており、今回、東京大学の貢献が高く評価されたものである。受賞式は4月16日、中国北京の「Beijing Global IPv6 Summit 2008」で行われた。

賞状とトロフィー
賞状とトロフィー
(「賞状」の画像をクリックすると、大きい画面でご覧になれます)


大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学