東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

ニュース

 2008/04/18
創造情報学専攻の平木敬教授、稲葉真理准教授ら
平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞

 創造情報学専攻の平木敬教授、稲葉真理准教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の加藤朗教授は、「超遠距離超高速データ通信方式の研究」により平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞した(文部科学省の報道発表のURLはhttp://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/03/08030609.htm )

 「超遠距離超高速データ通信方式の研究」は、遠距離広帯域実ネットワークで高効率なデータ転送を実現するための研究である。2004年に世界で初めてアジア・アメリカ・ヨーロッパをつなぐWANPHYネットワークを構築、高効率データ転送を行い、その国際的相互運用への道を切り拓き、以降、アジア・アメリカ・ヨーロッパにまたがる9組織と協力し、国際的な研究開発実験を行ってきたことが評価された。

 具体的には、レイヤ間協調方式を提案、実装・実験を行い、2006年には単一ストリームTCPデータ転送でバンド幅利用率99%を達成した。TCP長距離通信技術の最速記録(インターネット速度世界記録)を3年間で10度更新、現在も保持している。またこれらの成果をもとに、ユーザーが距離を意識せずに利用できるデータ共有システムを構築、物理学・天文学・地球惑星科学など最先端研究機関で利用されている。ここで開発されたTCP技術は、次世代インターネット利用の根幹技術として広く普及し始めており、今後5年程度で家庭用光ネットワークへの技術移行が見込まれている。

 平木教授が代表を務める「データレゼボワールIPv6/IPv4TCP データ転送実験チーム」は、2007年度総務大臣表彰「情報化促進部門」も受賞しており (http://www.i.u-tokyo.ac.jp/news/ist/071005_1.shtml )2年連続の大臣表彰となった。

 受賞式は、平成20年度(第49回)科学技術週間特別行事の一環として、4月15日、東京・虎ノ門の虎ノ門パストラルで行われた。



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学