東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

ニュース

 2008/12/20
コンピュータ科学専攻の五十嵐准教授
戦略的創造研究推進事業(ERATO)で「デザインインタフェース」研究

 戦略的創造研究推進事業は、JST(科学技術振興機構)が展開するプロジェクトで、組織や学問領域を超えて結集した研究者によって行うのが特徴。平成19年度からおよそ5年計画でスタートする同事業に、コンピュータ科学専攻の五十嵐健夫准教授が研究総括を務める「デザインインタフェース」が採択された。

 五十嵐デザインインタフェースプロジェクトは、一般のユーザーが種々の商品や道具を自ら手軽にデザインできる新しいユーザーインタフェースを実現するのが目的で、コンピューターグラフィックス・CAD・ロボティクスにおける新たな技術基盤の構築を目指す。これによって、これまでプロの手で創られてきた高度なビジュアル表現を、誰でも自らの感性と創造力によって自己表現できるようにするのが狙い。

http://www.jst.go.jp/pr/info/info447/index.html



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学