東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

ニュース

 2007/10/16
21世紀COE超ロバスト計算原理作成ビデオ
(統括 数理情報学専攻 杉原教授)
第17回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクールで優秀作品賞を受賞

 超ロバスト計算原理プロジェクト(統括 数理情報学専攻 杉原厚吉教授)が作成(企画)したビデオ「外乱に強い計算−超ロバスト計算に挑む−」(制作(株)イメージ・サイエンス)が、第17回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクールにおいて優秀作品賞に選ばれた。

 超ロバスト計算原理プロジェクトは、情報理工学系研究科が中心となって推進した21世紀COEプログラム「情報科学技術戦略コア」の1つ。数学の世界で確立された理論をそのまま現実の世界で計算に使おうとすると、数値誤差や雑音、人のミス、機械の故障、不確定要素などの外乱が入って理論どおりにはいかないことが多々ある。今回の作品は、そうした外乱に強い「ロバスト計算」を構築する研究を描いている。作品は、TEPIAビデオライブラリーとともに、インターネットによる視聴も可能だ。表彰式は、今年7月4日、TEPIAホールで行われた。

 TEPIA(財団法人 機械産業記念事業財団)は、機械情報産業の発展と経済への寄与を目的に様々な事業を行っている。その一環として、機械・情報産業のハイテクノロジーを中心とする約3500本のビデオ作品を所蔵し、TEPIAビデオライブラリーとして広く公開している。毎年、TEPIAならびにライブラリーの知名度を高め、映像作品の質的向上を図るため、『TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール』を開催し、特にすぐれたものを表彰している。



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学