東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > イベント
News

イベント

 2007/12/07
南カルフォルニア大学Antonio Ortega教授講演会開催

日時:2007年12月11日(火)15時〜16時
場所:工学部2号館3階電気系会議室3

Title:

Distributed Source Coding for Multimedia Applications

Lecturer:

Prof. Antonio Ortega
Signal and Image Processing Institute
Department of Electrical Engineering
University of Southern California
http://sipi.usc.edu/~ortega

Abstract:
In the last few years new research has demonstrated that distributed source coding (DSC) techniques can be applied to multiple media compression scenarios and have demonstrated that these techniques have potential benefits in terms of encoding complexity and error resilience. DSC originates in the information theoretical work of Slepian, Wolf, Wyner and Ziv in the 1970s. In this talk we first provide a short introduction to the key intuitions behind DSC. We then discuss several applications of these techniques: video compression with flexible playback, scalable video coding and compression of hyperspectral imagery. These applications help us illustrate the potential of these technques as well as the very significant remaining research challenges they pose.

Biography:
Antonio Ortega received the Telecommunications Engineering degree from the Universidad Politecnica de Madrid (UPM), Madrid, Spain in 1989 and the Ph.D. in Electrical Engineering from Columbia University, New York, NY in 1994. He is currently a Professor of Electrical Engineering at the University of Southern California (USC), which he joined in 1994. He has been a recipient of the National Science Foundation Career award, the 1997 IEEE Communications Society Leonard G. Abraham Prize Paper Award, the IEEE Signal Processing Society (SPS) 1999 Magazine Award and the 2006 EURASIP Journal on Advances in Signal Processing paper award. He is a Fellow of the IEEE and a former chair of the IEEE SPS Image and Multidimensional Signal Processing Technical Committee.
Currently on sabbatical leave at Tokyo Institute of Technology funded by the Japan Foundation for Promotion of Science (JSPS).



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学