東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
大学生の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
フォーカス(2006〜2016)
ソーシャルICT研究センター
情報理工学国際センター
情報理工学教育研究センター
受賞
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
グローバル・クリエイティブリーダー 講義
enPiT
データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
計算科学アライアンス
創造情報学連携講座
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
他プログラム
科学研究ガイドライン
情報倫理ガイドライン
入学・進学案内 new !
学生支援制度
履修・学籍・諸手続案内
科目等履修生案内
東京大学学務システム(UTAS)
工学・情報理工学図書館
公募情報
ポータルサイト (内部のみ)
ISTクラウド (内部のみ)
研究倫理審査・広報 (内部のみ)
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 過去のNews > News
News

イベント

 2005/11/14
Dr. Jim Gray 講演会のご案内

共催 日本データベース学会
ACM SIGMOD日本支部
東京大学 COE 情報科学技術戦略コア 大域ディペンダブル情報基盤
特定領域研究 情報爆発

日時 11月16日(水) 午後1時〜午後2時
場所 東京大学生産技術研究所 総合研究実験棟(An-301)

     総合研究実験棟 3階 エレベータをあがってすぐ
     http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/index.html

Title: The Data Avalanche: Reducing Information Overload
Speaker: Dr. Jim Gray Microsoft Research

参加費 無料

-----------------------------------------------------------------
To: secretaries@tkl.iis.u-tokyo.ac.jp

11月16日(水)の講演会に参加
・名前
・ご所属
-----------------------------------------------------------------

Title: The Data Avalanche: Reducing Information Overload
Speaker: Dr. Jim Gray Microsoft Research


All aspects of society have the blessing and curse of exponentially
more information.
At the personal level we are blessed with hundreds of eMails, instant
messages, pages and mobile telephone calls each day.

We are always accessible and are always receiving unsolicited input.
Conversely, it is the death of privacy. They know where we are and
what we are doing online.
At the societal level, every field is drowning in an avalanche of
scientific advances -- there are exponentially more scientific papers
and scientific data.

We deal with this by becoming more and more specialized so that we can
keep current with the ever-growing knowledge in our shrinking field of
study.

We need help in limiting and summarizing and prioritizing the
information avalanche.
This talk discusses the problem and the importance of data filtering,
data analysis, data summarization, and data mining techniques that
might address this problem and also to mentions some of the broader
societal issues associated with the information avalanche.



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学